本文へスキップ

一般社団法人 アジア調査会 The Asian Affairs Research Council

アジア時報

アジア時報とは

1970年(昭和45年)に「アジ調月報」の名で創刊。1974年(同49年)に「アジア時報」に改題、今日に至っています。講演会の内容を全文詳報するほか、時評、論文、シンポジウム、毎日新聞特派員のコラムなど、他誌にないユニークな時論中心の雑誌となっています。「世界・アジア・日本 著者インタビュー」などインタビューものも評判を呼んでいます。2019年10月号で550号を迎えました。

購読のご案内

講演会とシンポジウムの模様は、アジア調査会が年に10回発行している「アジア時報」に掲載されています。

「アジア時報」は1冊556円(消費税込み610円)、送料1冊あたり100円です。また、1年間(10回。1-2月・7-8月は合併号)の定期購読料は7,100円(送料込み)です。

購読のお申込みは 電話:03-3213-2697、FAX:03-3214-5975 またはEメール (アドレス:ajicho@aarc.or.jp) にて

なお、バックナンバーのご注文も承っております。 振替口座番号 00130・5・87153 宛に。

2022年

アジア時報 2022年1-2月号(通巻573号) 目次

激動の世界を読む
    習氏が掲げる「共同富裕」 再分配に高いハードル
 
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高原明生
■国際シンポジウム
    米中対立・コロナ下の東アジア経済安全保障
    サプライチェーンの動向と台湾のTPP参加問題を考える
    王健全、伊藤信悟、佐藤幸人、坂東賢治

■第33回アジア・太平洋賞表彰式
    主催者あいさつと作品講評 五百旗頭真
    杉原薫(大賞)
    石川禎浩、中西嘉宏、中島楽章(特別賞)受賞スピーチ
    協賛各社・団体幹部のあいさつ

■インタビュー  世界のアーカイブ・ネットワークを先導する
    アジア歴史資料センター20周年
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 波多野澄雄

定点観測
    「二正面外交」強いられる米国 対中、対露で問われる危機管理
    負のスパイラル断ち切る努力を

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 及川正也

■チャイナ・ブリーフ
    「人民民主」の優位性をアピールする習主席の思惑
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 坂東賢治

■毎日新聞特派員の目
    北京(岡崎英遠)、台北(岡村崇)、ソウル(坂口裕彦)、
    バンコク(石山絵歩)、ニューデリー(松井聡)、ワシントン(古本陽荘)、
    ロサンゼルス(福永方人)、モスクワ(前谷宏)

■中国観察
    中国経済が「困難に直面」、李克強首相に存在感
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 金子秀敏
■アジ調だより